2011年11月25日

僕にとって

僕にとって金太郎君は、
イヌのトトロ
少し小さいけれども
優しいイヌのトトロでした。

僕はどれほど助けられただろう。

なのに…僕は彼を助けてあげられなかったよ。

わかっていたはず…
それがとてもつらいですよ。
人間は勝手です。
僕も同じです。

自分だけ彼の優しさをもらいます。
ペットとして僕は、わかった気持ちになって、勝手なおもいで動かします

ごめんなさい。
つらかったよね。

いなくなってからじゃ
もう遅いよね。

明るくて、優しくて、
暖かさが…

本当にごめんなさい。

もうイナイの、わかっているから
僕は、金太郎君が空へ行くのを引きとめないよ。

もうイナイのわかっているから

どうぞ安らかに、
眠ってね。
今度あうときには、
必ず迎えに来てね。

うーんと
感謝して
うーんと
遊んであげるね

きっときっと
一緒に…首輪もなく…
ずーっとずーっとずーっとずーっとどこまでも
一緒に…

もうサヨナラしますね。
ありがとう。
お休みなさい。


ファンの方の中で
たくさんのプレゼントを
りゅうのペット達に
送ってくださり
本当にありがとうございました。
金太郎君は普通のイヌ
それでも幸せ者のお裾分けを勝手なおもいですが、味わってくれただろうと思います。

本当に皆さんありがとうございました。

コメント、たくさん
感謝いたします。

皆さんには
暗いメッセージばかりで
ごめんね。
これでおしまい。

最後にもう一度
感謝いたします。
ありがとうございました。
りゅうこうじ
posted by 南阿蘇の仙人 at 05:34| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。